クレンジングの役割と効果的な方法

クレンジングは、余分な皮脂や化粧成分を肌からオフにする、スキンケアの中で一番重要な過程です。
余分な皮脂やメイクがしっかり落とせていないと、その後の洗顔効果が落ち、基礎化粧品の肌への浸透率も悪くなってしまうのです。

自分に合ったクレンジングの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

他にメイク成分が肌に残っていると肌への刺激になったり、色素の沈着を招いたりして肌トラブルを引き起こすので、注意が必要です。クレンジングの為のクレンジング剤は、その含有成分によって幾つかの種類に分類されます。
それぞれの特徴を挙げていくと、1肌に対する刺激が少なめで、やさしい洗浄力で、滑らかな感触のミルクタイプ、2クリームタイプに近い肌に優しめで、見た目が白濁した乳化タイプと界面活性剤が多く含まれ比較的肌への負担の大きい、見た目の色味がない透明タイプに分かれるジェルタイプ、3油分と界面活性剤のバランス丁度よく肌への負荷が比較的少ないクリームタイプ、4一番洗浄力が強く、油分、界面活性剤ともに多く含み肌への負担が強いオイルタイプ、5油分が少なく界面活性剤が多めのウォータータイプ、あるいはリキッドタイプ、6簡単にメイクをふき取れるふき取りシートタイプ、7オリーブオイル等の界面活性剤不使用タイプです。


常に洗浄力の強いものを使っていると、肌の油分が奪われ、乾燥しやすくなるので、その日の肌の状態やメイクの濃さに応じて使い分けるのが良いでしょう。

しっかりメイクの時はオイルタイプを、それ以外はミルクタイプやクリームタイプ等を使用するといった具合です。
また、クレンジング剤は肌にとってやさしいものではないので、成分によらず、丁寧に肌やメイクによくなじませつつふやかすようにやさしく落とすのがコツです。

目安時間は1分くらいです。



必要以上に時間をかけすぎるのは、肌の乾燥や荒れの原因となりますので、気を付けて下さいね。
デリケートなアイメイクとポイントメイクは先に専用剤で落としておきましょう。