クレンジングと洗顔はどう違うのか?

クレンジングと洗顔、どちらも顔を洗うことで同じ意味にとらえらえていることもありますが、厳密にはクレンジングと洗顔は別のものです。大まかにいうとクレンジングとは化粧など油性成分を洗い流すこと、洗顔は水性の成分を洗い流すことと考えるとわかりやすいかもしれません。


この両方を行うことをダブル洗顔と呼ぶこともあります。

お化粧などは少々の汗などで崩れてしまってはいけないので、その分しっかりと肌に密着しその機能も上がってきています。
毛穴などにも入り込んでいるため、しっかりと除去しないと肌荒れやニキビ、黒ずみなどの原因となる可能性もあり、しっかりとしたクレンジング剤が必要です。

油性成分を落とすのでクレンジング剤も基本的には油性のものが多くなります。ですから、メイク落としで泡立つことはないですが、その一方、洗顔は水性の汚れなどを落とす目的です。基本的には石鹸であらうのでしっかり泡立て洗顔することが汚れを落とすためには重要になります。


顔をきれいにするためには油性と水性の汚れを取らなければいけないというのは理にかなっていますが、得に冬などは洗い過ぎにより肌には必要な皮脂まで流してしまうこともあります。

クレンジング情報があります。

最近はダブル洗顔しなくても1回で両方の機能を満たした洗顔料も発売されるようになっていて女性には非常に助かるアイテムとなっています。

肌の性質は一人一人違うものなので洗顔方法も人それぞれです。



自分に合った洗顔方法できれいなお肌を目指しましょう。