クレンジングのタイプ別の特徴と使い方

category01

一言でクレンジングと言っても、オイルやミルクなど、さまざまな種類があります。

その1つ1つにメリットとデメリットがあるので、特徴を良く理解することで、自分にピッタリのクレンジングを選ぶことができます。


オイルタイプは、名前の通りに油分をメインにして作られています。

使用した後は、水で洗い流すものが主流になっていて、最近では入浴しながら使えるものが増えてきました。洗浄力が高いので、マスカラやアイラインも一緒に落とせるのが魅力です。そのぶん肌への負担が大きくなっています。
ナチュラルメイクの人よりも、しっかりメイクの人向きのクレンジングです。

クレンジング情報選びをサポートします。

リキッドタイプは、さらっとした使い心地が特徴です。



洗い上がりがサッパリとしているので、べたつきが苦手だという人におすすめです。
まつげエクステをしていても使用できるというメリットもあります。洗浄力はオイルタイプ同様に高めです。リキッドタイプとは反対に、しっかりとしたテクスチャーがクリームタイプの特徴です。
使用後に洗い流すタイプと拭き取るタイプの2つがあります。マッサージしながらメイクを落とすことができるのが魅力です。

メイクを落とした後の肌が、しっとりとしやすいので、乾燥が気になる人におすすめのクレンジングです。
クリームタイプと良く似ているのがミルクタイプです。


ですが、ミルクのほうが洗浄力が抑えられていることが多くなっています。



肌に負担をかけずにナチュラルメイクを落とすのに向いています。

クレンジングの情報まとめ

category02

クレンジングは、余分な皮脂や化粧成分を肌からオフにする、スキンケアの中で一番重要な過程です。余分な皮脂やメイクがしっかり落とせていないと、その後の洗顔効果が落ち、基礎化粧品の肌への浸透率も悪くなってしまうのです。...

subpage

クレンジングの専門知識

category02

クレンジングとはメイク落としの事ですがベースのベースメイクの濃さによって使う種類が変わります。基本的に洗浄力と肌に負担をかけるものなので使い分けをするのがおすすめです。...

subpage

クレンジングのみんなの常識

category03

メイクを落とすために必要なのがクレンジングですが、様々な種類があるため自分に合ったものを選ぶことが大切です。主成分は主に油性のメイクを浮かすことのできる油分と水と油分を中和することのできる界面活性剤が含まれています。...

subpage

クレンジングの知りたい情報

category04

クレンジングと洗顔、どちらも顔を洗うことで同じ意味にとらえらえていることもありますが、厳密にはクレンジングと洗顔は別のものです。大まかにいうとクレンジングとは化粧など油性成分を洗い流すこと、洗顔は水性の成分を洗い流すことと考えるとわかりやすいかもしれません。...

subpage